ネット予約
外観

当院のお産について

お腹の大きい妊婦さん

妊婦さん自身がイメージするお産を

妊娠中は初期より超音波検査、中期以降はさらに胎児心拍モニタリングを施行し、赤ちゃんやお母さんの異常、変調をすみやかに発見できるよう努めています。楽に、そして何より安全なお産ができるよう、妊婦さん自身とよく話し合い、サポートできるよう考えています。

妊婦さん自身が妊娠や分娩についての最低限の知識を身に着けておくことも必要かと思います。「こういうお産がしたい」と妊婦さんがイメージしたお産が「できるだけ自然に近いお産」ということになるのではないかと思っております。 「立ち会い分娩」も最近多くなっています。その名前から分娩の時だけ立ち会うというイメージですが、当院では「夫協力分娩」と呼び、妊娠中も分娩中も、そして出産後も奥さんをサポートすることを目指しています。

夫協力分娩(立会い出産)

パートナーのかた(夫)も一緒に分娩室に入り、奥様と協力して出産に臨むことができます。分娩時だけでなく、妊娠中、出産後も奥さまと「協力」体制を築いていくための「立会い」になればいいですね。

産後の過ごし方について

全室個室をご用意

産後は全室個室です。夜中に赤ちゃんが泣いたり、授乳などで、周りに気を使うこともなく、ご自分のペースで過ごせます。

産後2日目からは母児同室

産後2日目から母児同室となります。(出産日を0日目と数えます。) 分娩当日、翌日はしっかりと休養し、お産の疲れをとってください。 ご希望があれば早めの同室も可能です。また、母児同室開始後でもゆっくり休みたいなどの理由で看護室で赤ちゃんをお預かりすることもできます。
母児同室で赤ちゃんと同じお部屋で一緒に過ごすことで、退院後の育児がイメージできて不安も少なくなります。赤ちゃんのお世話の仕方などは看護師・助産師が一人ひとりの様子を見ながらていねいにご説明します。

母乳管理

助産師を中心にマッサージや乳房管理を行うなど、母乳管理に力を入れています。

産後サポート

出産日は育児のスタート日でもあります。当院はみなさまが赤ちゃんとすこやかな日々が送れるように育児のスタート期でもある産後のサポートにも力を入れています。

浅川っ子~生後2か月までの赤ちゃんとお母さんの相談会~
産後ケア入院(産じょく入院)

これらの取り組みをはじめ、それ以外にも行政や他の機関とも連携して、必要としている方へきちんとサポートが届くよう、赤ちゃんやママお一人お一人の状況をきめ細かく見るように努めています。

その他の取り組み

臍帯血バンク

民間の臍帯血(さいたいけつ)バンクがご利用できます。
当院では民間の臍帯血バンクのパイオニアである「ステムセル研究所」の協力施設として、ご希望の方に対して、分娩時に臍帯血の採取を行なっております。(株)ステムセル研究所 ※新しいウィンドウで表示します。臍帯血を保存することにより、白血病など万が一難治性の病気にかかったときに本人の治療に役立つ可能性があります。

新生児聴力検査

入院中に赤ちゃんの聴力検査をすることができます。(助産師外来で申し込みます)赤ちゃんには何の負担もなく、眠っている間に調べることができます。出生時の難聴は350人に1人と、発生の割合としてはダウン症(1000人に1人と言われている)よりも多くなっています。難聴は早期発見、早期対応が重要とされているので入院中に検査しておくとよいでしょう。

里帰り出産について

他院で妊婦健診を受け、当院で分娩される方

まずはお電話いただき、最新の分娩予約状況をご確認ください。その後、お早めに当院にて1度診察を受けていただき、分娩保証金をお支払いの上、分娩予約をお願いいたします。

分娩予約に関するお問い合わせは月曜~金曜の9時から17時までにお電話にてお願いします。
(TEL:045-581-3541) 

当院で妊婦健診を受けて、他院で分娩される方

当院にて妊婦健診を受け、分娩はご実家近くなどの他院を予定されている方は、必要な時期に紹介状を作成いたしますのでお知らせください。

ページトップ