医療法人 晧慈会 浅川産婦人科

ご予約・お問合せは

045-581-3541

ネット予約
診察室

Q&A

母児同室、完全母乳や子宮がん健診の浅川産婦人科の不妊の紹介

不妊について

不妊の原因

不妊の原因には大きく分けて、「男性因子」「女性因子」の2つがあります。

男性因子 精子の異常が主
女性因子 器質的原因
子宮筋腫、子宮発育不全、子宮奇形、 子宮内膜症、卵管閉塞など形態的なもの
排卵障害、黄体機能不全、着床障害など、 主としてホルモン異常によるもの

検査、治療の進め方

当院では次のように検査、治療を進めます。
患者さんとご相談しながら、必要であれば適切な段階で専門病院にご紹介もしております。

基本検査

  • 基礎体温測定
  • 一般精液検査
  • フーナーテスト
  • 子宮卵管造影
  • 経腟超音波検査

性交日指導(タイミング指導)

排卵日を特定するために経腟超音波検査、尿中LH測定を行います。

薬物療法

排卵促進と黄体機能の賦活

クロミフェン:経口の排卵誘発剤
ブロモクリプチン:高プロラクチン血症に伴う排卵障害
黄体ホルモン:黄体機能の維持
HCG療法:排卵促進、黄体機能の賦活
漢方薬:機能的不妊に対して

排卵誘発

HMG・HCG療法

人工受精

洗浄濃縮精子を用いる

監修:医療法人皓慈会 浅川産婦人科
理事長・院長  浅川恭行  

ページトップ