医療法人 晧慈会 浅川産婦人科

ご予約・お問合せは

045-581-3541

ネット予約
診察室

Q&A

母児同室、完全母乳や子宮がん健診の浅川産婦人科の更年期の紹介

更年期、更年期障害とは?

現在、日本人女性の閉経は、50.5歳が平均といわれています。40歳を過ぎると卵巣の機能が徐々に低下し、女性ホルモン(特にエストロゲン)の分泌が減少してきます。そして50歳を中心として前後5年間ぐらいの間にエストロゲンの減少は顕著になりますが、その期間が「更年期」です。この時期にエストロゲンの減少が原因と考えられるさまざまな症状が起こってきて、快適な生活がおくれなくなるような状態を「更年期障害」とよんでいるのです。

身体的症状
  • ほてり、のぼせ、発汗(hot-flashと言います)
  • 腰、手足の冷え、肩こり
  • 動悸、息切れ
  • 頭痛、めまい、疲れやすい
精神・神経的症状
  • 不眠
  • 怒りやすい、イライラ
  • 憂うつになる

その女性の社会的背景、家庭的背景も症状を増悪させていることもありますので、できるだけ詳しくお話をお聞きするよう心がけています。治療としては以下のようなものがあります。

  1. H.R.T.(ホルモン補充療法)
  2. その他のホルモン療法
  3. 漢方薬
  4. 対症療法(肩こりに対して肩こりに有効な薬を処方するというようなやり方)

※バセドウとの分別のためにホルモン検査を行うこともあります。

監修:医療法人皓慈会 浅川産婦人科
理事長・院長  浅川恭行  

ページトップ