医療法人 晧慈会 浅川産婦人科

ご予約・お問合せは

045-581-3541

ネット予約
診察室

Q&A

母児同室、完全母乳や子宮がん健診の浅川産婦人科の不正出血の紹介

不正出血があって心配なんですが?

不正出血(子宮出血)

女性の不正性器出血の原因には、実にさまざまなものがあげられます。 何といっても一番心配なのは子宮がん(子宮頸がんと子宮体がん)でしょう。次に子宮の良性疾患である子宮筋腫、子宮頸管ポリープ、子宮膣部びらんなどが考えられます。

50歳前後には急激な女性ホルモンの低下が起こり、いわゆる更年期出血も多く見られます。また、若い方では何らかの原因で卵巣機能が低下し、無排卵の状態が続きますと、たびたび少量の出血を繰り返すことがあります。これを無排卵周期症と呼んでいます。

以上は、妊娠とは関係のない出血ですが、中には妊娠と気付かないで出血があったと来院する方もいます。(妊娠初期の出血)
このように、多くの原因が考えられますので、検査によって出血の原因をはっきりさせる必要があります。

検査には以下のものなどがあります。

  1. 子宮の細胞診(頚部、体部)、がん検診
  2. 超音波検査
  3. 各種ホルモンの測定
  4. 妊娠反応
  5. 基礎体温の計測

ポリープやびらんのように放置しても大丈夫なものもありますが、中には早急に治療が必要な場合もあります。原因となる疾患に対して適切な治療を受けることが大切です。

監修:医療法人皓慈会 浅川産婦人科
理事長・院長  浅川恭行  

ページトップ