生理周期がバラバラになるのはなぜ? | 鶴見駅徒歩3分 浅川産婦人科(ネット予約対応) 川崎、横浜からも好アクセス Dr.asakawa.jp ピル・アフターピル・中絶・プラセンタサイト

医療法人 晧慈会 浅川産婦人科

妊婦の初診がネット予約可能

ご予約・お問合せは

妊婦の初診がネット予約可能

当院は予約制のため、事前予約されてない方はお待たせすることがございます。
横浜市の子宮がん検診は婦人科の枠でネット予約でお願い致します。
諸事情により、2020年11月末をもって分娩の取り扱いを一旦終了し、2020年12月から済生会横浜市東部病院とのセミオープンシステムを開始します。 詳しくはこちら >

ネット予約
浅川恭行

Drやすゆきの相談室

浅川産婦人科の院長 Drやすゆきが、お産のお悩みについてお答えしていきます

生理周期がバラバラになるのはなぜ?

生理周期がバラバラになるのはなぜ?

およそ1ヶ月ごとに繰り返す生理(月経)。しかし、女性によっては生理周期がバラバラで安定しないことがあります。このような不安定な生理周期の原因は何でしょうか? 生理周期の乱れは、放っておいても問題ないのでしょうか? 今回は生理周期がバラバラになるときについて説明します。

生理周期がバラバラになる原因とは

生理周期が乱れるというのは、そもそもどのような状態でしょうか? また、どうして生理周期が乱れるのか、その原因も含めてご説明します。

そもそも正常な生理周期とは

生理(月経)は通常、約1ヶ月の間隔で繰り返し、卵巣内で起こる卵胞の発育、排卵、黄体の形成という流れのなかでホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)が分泌され、これらの変化で生理の周期(サイクル)がつくられます。生理周期の日数は生理開始日から次の生理開始日までで、正常範囲は25〜38日間、その幅(変動)は6日以内です。

生理周期の異常とは

正常な生理周期は25〜38日間。それよりも短かったり長かったり、または毎回安定していなかったりする場合は、生理周期が乱れていると考えられます。

生理周期が24日以内の場合を「頻発(ひんぱつ)月経」、39日以上3ヶ月未満を「稀発(きはつ)月経」、3ヶ月以上生理がない状態を「続発無月経」、周期が定まっておらずその変動が7日以上のものを「不整周期」と呼んでいます。

生理周期の乱れは身体からのイエローシグナル

生理周期は、脳内の視床下部-下垂体と卵巣の連携でコントロールされています。視床下部は間脳にあり、内分泌や自律機能を調節する場所です。ここからゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)と呼ばれるホルモンが分泌され、下垂体前葉(前部)で黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)という性腺刺激ホルモンの産生と分泌を促します。

FSHは卵胞を刺激してエストロゲンを増加させます。エストロゲンの分泌量が高まることをきっかけにLHの分泌量は急増し、この変動が刺激となって排卵が起こります。

また、卵子を包んでいた卵胞はLHの作用で黄体化し、黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌するようになります。その後、エストロゲンとプロゲステロンの低下がきっかけとなって生理が起こります。

通常の生理ではこのようなホルモン分泌の流れがあって、排卵や生理が起こりますが、生理周期に異常がある場合は、これら生理周期に関係するホルモンのバランスが乱れているサインである可能性があります。

この視床下部-下垂体-卵巣系に何らかの要因(ストレス、体重の変化、内分泌疾患[高プロラクチン血症、甲状腺機能異常など]、加齢による変化、摂食障害、過剰な運動、黄体機能不全など)が影響すると、さまざまな月経異常が起こります。

なぜストレスがホルモンバランスを乱すの?

ストレスは、ホメオスタシス(生体内の状態を一定に保つ仕組み)を直接乱す身体的ストレスと、乱すおそれがあると体が判断した心理的ストレスに大きくわけられます[*1]。

ストレスがかかると、主に視床下部-下垂体-副腎皮質系と視床下部-自律神経系-副腎皮質系、そして免疫系も反応します。視床下部からはストレスホルモンとして知られるコルチコトロピン放出ホルモン(CRH)が分泌され、さまざまな生体反応(血圧上昇、心拍数上昇、食欲の減少、運動量の増加、胃液分泌の減少、血糖値上昇など)を引き起こしますが、その1つにLH分泌の減少を介した排卵の抑制が含まれるのです。

さらに、ストレスを受けている時は甲状腺刺激ホルモン、プロラクチン、成長ホルモン、そして生理周期に関与するGnRHにも変化が生じます。CRHは視床下部のGnRHの産生を抑制し、ゴナドトロピン(LHとFSH)の分泌を減少させるため、これらのホルモンにより卵巣が刺激されなくなり、エストロゲンやプロゲステロンも分泌されなくなります。

その結果、生理周期の乱れや無月経、無排卵、不妊症などが起きやすくなるのです[*2]。このような視床下部の機能不全による無月経は、若年者に多く、その原因として身体的・心理的ストレスが指摘されています[*3]。

視床下部に影響を与えてしまう要因には、ストレス以外にも睡眠不足や不規則な生活、バランスの悪い食事、過度なダイエット、冷え、環境の変化、過度な運動などもあります。

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1198 監修より抜粋

医療法人皓慈会 浅川産婦人科
理事長・院長 浅川恭行

経歴

1993年 東邦大学 医学部卒業
1999年 社団法人日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
2007年 東邦大学医療センター大橋病院 産婦人科講師(病院)
2007年 日本産婦人科医会 幹事
2009年 医療法人皓慈会 浅川産婦人科 理事
2017年 医療法人皓慈会 浅川産婦人科 理事長・院長

妊婦初診はネット予約 ページトップ