医療法人 晧慈会 浅川産婦人科

ご予約・お問合せは

045-581-3541

ネット予約
外観

浅川産婦人科のあゆみ

母児(母子)同室の個室が特徴である横浜市鶴見区の浅川産婦人科のあゆみ

玄関

昭和11年鶴見駅西口に開院

当院、浅川産婦人科は鶴見駅西口に昭和11年に開院して以来、増改築を重ねてきましたが、建物の老朽化が進んだため、全面建替えを行うこととなり、平成16年5月に新建物での診療が始まりました。最新の機器を導入するとともに、ハード面だけでなく、ソフト面においてもさらにワンランクステップアップした医療と看護を提供できるように日々努力を重ねています。

「お産」というと患者さんは「自然分娩を希望」とよく言われますが、「自然分娩」の定義は非常に難しいので、当院では原則として予定日までは「できるだけ自然に近いお産を」という考え方にたっています。

外観
お腹の大きい妊婦さん

妊婦さん自身がイメージするお産を

妊娠中は初期より超音波検査、中期以降はさらに胎児心拍モニタリングを施行し、赤ちゃんやお母さんの異常、変調をすみやかに発見できるよう努めています。楽に、そして何より安全なお産ができるよう、妊婦さん自身とよく話し合い、サポートできるよう考えています。

妊婦さん自身が妊娠や分娩についての最低限の知識を身に着けておくことも必要かと思います。「こういうお産がしたい」と妊婦さんがイメージしたお産が「できるだけ自然に近いお産」ということになるのではないかと思っております。 「立ち会い分娩」も最近多くなっています。その名前から分娩の時だけ立ち会うというイメージですが、当院では「夫協力分娩」と呼び、妊娠中も分娩中も、そして出産後も奥さんをサポートすることを目指しています。

浅川鉗子(かんし)を開発

年間700件のお産を扱いながら、医師として手術中にいつも不便に感じていた点を解消するために、手術で使用する器具である鉗子(かんし)を当院オリジナルで開発し、商標登録しました。将来、自分の子供たちがもし産婦人科医になった時に、自分の名前が付いた器械があった時にどんな思いになるか楽しみにしながら「浅川鉗子(かんし)」の名前で登録させていただきました。すでに使っていただいている他院の先生方からも好評で、これも当院の「歴史」の一コマになるかなと思っています。

浅川鉗子

ページトップ