GSM(閉経関連泌尿生殖器症候群)とは | 鶴見駅徒歩3分 浅川産婦人科(ネット予約対応) 川崎、横浜からも好アクセス Dr.asakawa.jp ピル・アフターピル・中絶・プラセンタサイト

医療法人 晧慈会 浅川産婦人科

妊婦の初診がネット予約可能

ご予約・お問合せは

0120-030-111

妊婦の初診がネット予約可能

当院は完全予約制のため、事前予約されてない方はお待たせすることがございます。
諸事情により、2020年11月末をもって分娩の取り扱いを一旦終了し、 2020年12月から済生会横浜市東部病院とのセミオープンシステムを開始します。 詳しくはこちら >

ネット予約
浅川恭行

Drやすゆきの相談室

浅川産婦人科の院長 Drやすゆきが、お産のお悩みについてお答えしていきます

GSM(閉経関連泌尿生殖器症候群)とは

GSM(閉経関連泌尿生殖器症候群)とは

閉経後にデリケートゾーンのかゆみ、尿もれ、頻尿、性交痛などがあれば、GSM(閉経後性器尿路症候群)かもしれません。GSMは閉経後の女性の28~84%に影響をあたえています。しかしながら、現状ではこの状態は過小評価され、適切な治療をされていないことが多いです。もっとも多い症状は、腟や外陰の不快感、腟の乾燥、灼熱感、性交痛、排尿痛、帯下(おりもの)などがあります。この状態は進行性で治療なしには改善しません。治療法としては、ホルモン補充療法が有効ですが、その適応は、患者さんの状態によって考慮しなければならない点があります。腟に投与する、女性ホルモン製剤は全身への影響が少なく、治療効果が高いですが、ご自身で腟に投与することが難しいと感じる方もいます。また、乳がんの治療後などで、女性ホルモン製剤を使用することができない方には適応になりません。外国で認可されている新しい製剤もありますが、日本では承認されていません。処方薬ではありませんが、腟クリームや潤滑剤などは症状の緩和に役立つこともわかっています。最近、膣へのレーザー照射がGSMに有効であるという報告が多数なされるようになりました。これは腟へのお薬の挿入が困難な患者さんや、乳がんの術後の患者さんにはとても期待ができる治療法と考えます。

https://asakawa.or.jp/app/themes/asakawa/documents/monalisa-touch.pdf

外陰・腟萎縮レーザー治療

友人である札幌の西川先生から一部転載しました。

https://nishikawa-whc.com/

妊婦初診はネット予約 ページトップ