診療案内 | 鶴見駅徒歩3分 浅川産婦人科(ネット予約対応) 川崎、横浜からも好アクセス Dr.asakawa.jp ピル・アフターピル・中絶・プラセンタサイト

医療法人 晧慈会 浅川産婦人科

妊婦の初診がネット予約可能

ご予約・お問合せは

0120-030-111

妊婦の初診がネット予約可能

当院は完全予約制のため、事前予約されてない方はお待たせすることがございます。
諸事情により、2020年11月末をもって分娩の取り扱いを一旦終了し、 2020年12月から済生会横浜市東部病院とのセミオープンシステムを開始します。 詳しくはこちら >

ネット予約
診察室

診療案内

女医が特徴である横浜市鶴見区の浅川産婦人科の診療案内

マンガでわかる 初めての産婦人科
マンガでわかる 初めての妊婦健診

外来診療(受付時間)

診療科 診療時間
婦人科 9:00
-12:00
14:00
-17:00
産科
(要予約有)
9:00
-12:00
14:00
-17:00

月に一度、火曜の夕方に胎児心臓超音波外来を開設しました。まずは、お電話でご相談ください。

  • 妊娠初期は婦人科での診察となります。
  • 水曜・日曜祝日は休診です。
  • 午前11時以降の予約外の方は受付られません。
  • 午後4時以降の予約外の方は受付られません。

外来担当表

午前診 恭行 恭行 - 恭行 恭行 恭行
麻里子 麻里子 - 麻里子 麻里子 麻里子
午後診 恭行 麻里子 - 恭行 恭行 恭行

赤字は女性医師を表しています
※都合により担当医は変更となる場合がありますのでご了承ください

その他

  • 院内にてFREE Wi-Fiが使用いただけます。
  • インフルエンザの流行中には、ご来院のかた全員にマスクの着用をお願いしています。
  • 午前11時以降の予約外の方は受付られません。
  • 午後4時以降の予約外の方は受付られません。

避妊相談(ピル)、緊急避妊(アフターピル) 、人工妊娠中絶、プラセンタ注射の相談について

避妊相談(ピル)、緊急避妊(アフターピル)、人工妊娠中絶、プラセンタ注射についてお悩みの方、ご相談はお気軽にお越しください。ネットから初診の予約が可能です。 鶴見区に限らず、横浜市、川崎市、県外の方等の方々も対応いたします。

他院への紹介状や診断書が必要な方

他院への紹介状や保険請求などのために診断書が必要な場合はお早めにお申し出ください。
書類の作成には日数がかかります。当日中には受け取れませんので、ご注意ください。 

妊婦健診について

診察室2

妊婦健診を受けましょう。 

当院では妊婦健診時に毎回超音波検査、胎児心拍モニタリング(妊娠28週以降)を行っています。赤ちゃんやお母さんに異常、変調があれば速やかに発見し、対処できるよう努めています。

妊娠初期は婦人科で、妊娠14週以降は産科で診察します。 血液検査の時期までは、次回の診察は「1週間後」「2週間後」など、診察後に医師がお伝えします。

妊娠初期検査について

医師により母子手帳を取ってくる様にとお話しがあったら、母子手帳一式を持って来院していたたき、妊娠初期検査と診察を受けていただきます。同意書の記入もお願いします。

費用について

費用は横浜市の場合、補助券12,000円券を利用して10,000円程の負担となり、川崎市は補助券21,000円券を利用し2,020円程の負担となります。その他の県内の母子手帳補助券も対応しておりますが、費用は各自治体により負担金が異なります。県外の補助券は利用できません。


検査項目

妊娠初期に血液検査を行います。検査項目は血液型、貧血、風疹、肝炎などの感染症のチェックなどです。
項目は以下の通りです。

血液一般、血液型、血統、生化一般、尿一般、成人T細胞白血病(ATLA)、トキソプラズマ、風疹、B型肝炎ウィルス、C型肝炎ウィルス、HIV、梅毒(RPR、TPHA)、間接クームス

産科での初回の診察日(妊娠14週~15週ごろ)に心電図の検査を行います。

妊婦健診の間隔

妊娠初期に行う妊娠初期の検査までは、次回の診察は「1週間後」「2週間後」など、診察後に医師がお伝えします。

妊娠週数 受診頻度
10~13週頃 1~2週間に1回
(医師の指示による)
14~23週末まで 4週間に1回
24~35週末まで 2週間に1回

妊婦健診の内容

妊婦健診は赤ちゃんが順調に育っていて、妊婦さん自身にも異常がないことを確認するために行います。

妊婦さんの体重、血圧を毎回測定し、尿検査、むくみの有無などを調べます。超音波検査は当院では健診時に毎回行っています。検査では胎児の大きさ・位置、胎児心音などをみて発育状態を確認したり、画像から異常がないかを確認し、何か問題があった場合は早めに発見して早めに対応できるように努めています。

母子健康手帳

母子健康手帳は医師より指示があったのち、上記の検査までに各自治体の役所、保健所などでもらいます。

横浜市鶴見区のホームページ

「暮らしのガイド」の「子育て」のページに母子健康手帳の交付についての記載があります.


横浜市神奈川区のホームページ

「暮らしの情報」の「出産・子育て・教育」に母子健康手帳の交付についての説明があります。


川崎市のホームページ

左側のメニューの「こんなときには」の「妊娠・出産」ページ「赤ちゃんが生まれるまで」に「妊娠届と母子健康手帳の交付」があります。

高度医療施設との連携

健診やお産の時に、万が一、より高度な医療が必要と判断された場合には、適切な病院に紹介や搬送を行えるよう、近隣の大学病院や総合病院との連携も深めています。最も近い済生会横浜市東部病院川崎市立川崎病院けいゆう病院には「連携施設」として登録されており、東部病院で行われる定期的な連絡会議にも参加して、密接に連携しながら診療にあたっています。

近隣の大学病院ともつながりを深めており、特に東邦大学医療センター大森病院は産婦人科、新生児科ともに密接な関係にあり、日ごろから協力を仰いでいます。妊産婦さんが安心してお産にのぞめるような体制を築くよう、常に努力しています。

緊急事態への対応

母体救急搬送

母体救急搬送について

新生児救急搬送

母体救急搬送について

妊婦初診はネット予約 ページトップ