分娩とは?かかる時間は? | 鶴見駅徒歩3分 浅川産婦人科(ネット予約対応) 川崎、横浜からも好アクセス Dr.asakawa.jp ピル・アフターピル・中絶・プラセンタサイト

医療法人 晧慈会 浅川産婦人科

妊婦の初診がネット予約可能

ご予約・お問合せは

妊婦の初診がネット予約可能

当院は予約制のため、事前予約されてない方はお待たせすることがございます。
横浜市の子宮がん検診は婦人科の枠でネット予約でお願い致します。
諸事情により、2020年11月末をもって分娩の取り扱いを一旦終了し、2020年12月から済生会横浜市東部病院とのセミオープンシステムを開始します。 詳しくはこちら >

ネット予約
浅川恭行

Drやすゆきの相談室

浅川産婦人科の院長 Drやすゆきが、お産のお悩みについてお答えしていきます

分娩とは?かかる時間は?

分娩とは? 分娩の方法にはどんな種類があるの?

分娩とは、赤ちゃんが母体から完全に排出・娩出されて妊娠を終了することです。出産予定日が近づくと、おしるしと呼ばれるおりものが出たり、陣痛が来たりと赤ちゃんが産まれる兆候が現れます。陣痛が来たらまずは病院に連絡し指示を仰ぎましょう。分娩全体に要する時間は平均すると初産で約14時間、経産で約8時間と言われています。しかしながらこれはあくまでも平均値。あっという間に生まれたという人も、何日もかかったという人もいて、お産はまさに十人十色です。分娩方法には、経腟分娩(自然分娩)、無痛分娩(和痛分娩)、帝王切開などいくつかの種類があります。

経腟分娩(自然分娩)

胎児が産道を通り、腟から産まれること。医療的な介入を取り入れず行うため、自然分娩とも呼ぶ。陣痛促進剤やバルーンを使用した場合でも、腟から産まれたのであれば、経腟分娩となる。

無痛分娩(和痛分娩)

経腟分娩時の陣痛による苦痛を軽減させる方法として、一般に無痛分娩もしくは和痛分娩がある。無痛、和痛分娩には、局所麻酔、鎮痛剤、ガス麻酔、区域麻酔などさまざまな方法がある。麻酔をすれば、分娩出産中の痛みはある程度取り除くことができるとされている。

帝王切開

児頭骨盤不均衡、前置胎盤、切迫子宮破裂、重症妊娠高血圧症候群、常位胎盤早期剥離、分娩停止、分娩遷延の場合などに適応される。また、胎児機能不全、臍帯脱出、多胎、子宮内胎児発育遅延、早産なども適応となることがある。恥骨上部を約10センチ切開し、赤ちゃんを取り出す手術です。

 

経腟分娩の流れ・経過は?

お産は大きく3つの期間に分けることができます。第一期は陣痛の期間で、子宮が完全に開大するまで、初期、活動期、移行期と三段階に分かれます。第二期は赤ちゃんが誕生する分娩期、第3期に胎盤が排出されます。

分娩第一期!どんな状態?

分娩開始から子宮口全開大までの期間で、分娩時間を左右するのはこの時期です。分娩は刻一刻と状態が変化し、個人差がとてもあります。10時間程度で子宮口が全開大に至る場合もあれば、明らかな異常がなくても30時間近くかかる場合もあります。また、医師は児頭骨盤不均衡の有無、胎勢、陣痛の強さなどを考慮し、分娩経過に異常があるかどうかを総合的に判断します。第一期初期の一般的な兆候は、生理痛のような痛み、腰痛、消化不良、下痢などです。不安や恐怖などで気分が安定しなくなる人もいれば、リラックスして口数が多くなる人もいます。活動期は陣痛が進行し、子宮収縮が強く長くなり、腰痛、足のだるさ、疲労感の増加などの症状が現れます。気分が落ち着かなくなる人もいれば、集中力が高まる人も。活動後期には2~3分の感覚で陣痛が60~90秒続きます。腰や会陰(えいん)に強い圧迫感を覚え、直腸が圧迫されます。吐き気がしたり、震えが止まらなくなることも。体力や気力の限界を感じて心細くなる人もいます。

分娩第二期!どんな状態?

子宮口全開大から胎児娩出までの期間。子宮口が全開になると、赤ちゃんの頭が産道に向かって進みはじめます。第二期になると、ほとんどの産婦さんがいきみたい衝動にかられます。直腸が圧迫され、収縮のたびに子宮が盛り上がります。いきみの段階にはだいたい30分~1時間かかりますが、10分で終わることもあれば、1~2時間あるいはそれ以上かかることもあります。持てる力のすべてを出し切るときです。状況により、この段階で会陰切開が行われます。

分娩第三期!どんな状態?

胎児娩出から胎盤娩出までの期間。赤ちゃんが生まれると子宮が縮小し、後陣痛と呼ばれる5分程度での弱い陣痛があります。胎盤が剥離し、おおよそ20~30分以内に胎盤が出ます。胎盤が出た後は、弛緩出血などの産後出血が生じやすいので注意が必要な時期です。

以降は 監修したユニチャームのサイトよりご覧ください

妊婦初診はネット予約 ページトップ