健診で高脂血症を指摘されたら | 鶴見駅徒歩3分 浅川産婦人科(ネット予約対応) 川崎、横浜からも好アクセス Dr.asakawa.jp ピル・アフターピル・中絶・プラセンタサイト

医療法人 晧慈会 浅川産婦人科

妊婦の初診がネット予約可能

ご予約・お問合せは

妊婦の初診がネット予約可能

当院は予約制のため、事前予約されてない方はお待たせすることがございます。
横浜市の子宮がん検診は婦人科の枠でネット予約でお願い致します。
諸事情により、2020年11月末をもって分娩の取り扱いを一旦終了し、2020年12月から済生会横浜市東部病院とのセミオープンシステムを開始します。 詳しくはこちら >

ネット予約
浅川恭行

Drやすゆきの相談室

浅川産婦人科の院長 Drやすゆきが、お産のお悩みについてお答えしていきます

健診で高脂血症を指摘されたら

高血圧と並んで非常に多い病気です

高脂血症のことを最近は脂質異常と言いますが、高血圧と並び非常に多い病気の一つとして健診で指摘されます。

そして指導欄に要観察、要精査、要治療などと記入されて医療機関受診するように書かれます。高血圧や糖尿病に比べて若い方でも指摘されることが多いのが高脂血症の特徴です。

逆に言えば指摘されても本人が食事や運動療法を頑張れば薬を飲まなくてもよい場合も多いのです。その点をしっかり理解していただければ健診結果に要治療と記入されていてもすぐに薬を飲まなければいけないということにはならないのです。

高脂血症は長年放置し続けることにより動脈内に粥状硬化(じょくじょうこうか)という脂質由来のゴミがたまって血管を閉塞してしまい脳梗塞や心筋梗塞を起こしてしまうのです。そのゴミのたまりやすさを血液検査で測定して指導欄に記入されるのです。

数値基準について

では一般的に指摘される数値の基準を簡単に示します。

高脂血症(脂質異常)
■LDLコレステロール(LDL-C):
140mg/dL以上→高LDLコレステロール血症
120~139mg/dL→境界域高LDLコレステロール血症
■HDLコレステロール(HDL-C):
40mg/dL未満→低HDLコレステロール血症
■トリグリセライド(TG):
150mg/dL以上→高トリグリセライド血症

検査結果について解説します

悪玉コレステロールとして有名なLDL140mg/dl以下ならば正常で青信号です。140~160mg/dlはちょっとヤバイ黄信号です。160mg/dl以上は治療の可能性が高くなる赤信号と考えてください。

あと中性脂肪も悪玉の一種ですが、LDLほど極ワルではありませんが、立派なワルに変わりありません。ですから悪役優先順位としてまずLDLを最優先に考えてそれからワルの中性脂肪を考えて行きます。

特に中性脂肪は検査前夜からの絶食を守って採血しなければかなり異常がでてしまいます。特に前夜に飲み会をして二日酔いで翌日に検査をしたり、朝食を食べて数時間以内の採血では中性脂肪はあてになりません。

ですから検査値も150mg/dlで区切られていますが、採血の条件で判断する側もある程度考慮しています。最後にHDLはいずれと知れた善玉ですがこの値が低いと結局悪玉が多い場合と同じことになりますので、40mg/dlよりも低い方は注意しなければなりません。特に喫煙者はHDLが低くなりやすいので要注意となります。このLDL、中性脂肪、HDLを組み合わせて判定をしていくのです。

コレステロールHDL LDL

判定方法について

次に判定方法の説明に入っていきます。このブログを読まれている方は若い方が多いので若い方を中心に進めて行きます。

若い方といっても男性は50歳までで女性は60歳までを一括りにします。なぜなら女性の場合は閉経するまでは女性ホルモンが分泌されてそのホルモン自体が動脈硬化から体を守ってくれるのです。ですから10歳の差がついてしまいます。

その若い方で他に糖尿病や高血圧などの基礎疾患がない場合は少々LDLが160オーバーになり中性脂肪が高くても今すぐに薬を飲まなければいけないということにはならないのです。まずは運動をして食事の内容や量などを変更して体重を減らせば薬不要になることも多いのです。薬を一生飲むことを考えれば少し自分の人生を変えるために行動を変えてみてください。

運動をしてください

あなたの人生は見違えるようになるかもしれません。体重を減らすということは高脂血症だけではなく高血圧や糖尿病などの食事療法にもあてはまるのですが、簡単に言えば健康を意識した食事や運動をすれば普通の人の場合は必ず体重は減る方向に向かうということです。増えはしません。

男性は50歳以上女性は60歳以上の中年の方の場合は寄る年波には勝てませんので、LDL140以上や中性脂肪150以上、HDL40以下の場合は要治療になります。特に脂質の検査値がボーダーであっても140mmHg以上の高血圧や130㎜Hgであっても喫煙者の場合は治療の対象となります。ここまでのお話は一次予防と言っていまだ病気になってない人が対象となっています。

もうすでに心筋梗塞や脳梗塞などの病気を起こした方や生まれつきLDLが高値である遺伝性の家族性高脂血症の場合はLDL100以下にして更に可能ならば80以下にするために薬の服用は欠かせません。この値まで下げようとする場合は食事や運動療法だけでは不可能です。

まとめ|たかが高脂血症、されど高脂血症

以上簡単に説明しましたがなかなかこの文章だけでは理解しにくいと思われますので表をつけておきますので自分が何歳で高脂血症以外にも異常指摘があるのかなどをその表に当てはめてみてください。(画像クリックでPDFが開きます)

動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症治療

「そんなこと面倒だしわからない」という方は医療機関で相談してください。医師の中でもガイドラインに詳しい医師もいれば大雑把な医師もいます。当たり外れがあるのは仕方ありませんが、どの医師も最初に言う決まり文句は「食事・運動療法をしっかりして痩せましょう」です。

患者さん側からすれば「そんなことできるなら最初から試みて医者なんかに行かないよ」という声が聞こえてきそうです。ですが逆に医師側からすれば画一的な決まり文句が言えるのは緊急を要する病気ではないので今日からすぐに薬を飲まなければいけない状況ではないということなのです。一方で患者さん側も痛くも痒くもない血液異常だけで今日から死ぬまで薬をのむなんて嫌なのです。

食事・運動を頑張って痩せましょう

その双方の折り合いをつけるための殺し文句が「食事・運動を頑張って痩せましょう」ということに帰結するのです。ただしそのように緊急性がないからこそ後回しになって気づいた時には時すでに遅しで救急車で心筋梗塞を発症して担ぎ込まれてくる人が多いのも事実です。

そのような事にならないように健診で高脂血症を指摘されても「たかが高脂血症、されど高脂血症」だということを忘れないようにしましょう。

 

友人である

椎木内科循環器科 院長 ブログより

山口県周南市
内科・循環器内科
http://www.shiigi-naika.com/

妊婦初診はネット予約 ページトップ