アフターピル(緊急避妊薬)の副作用について | 鶴見駅徒歩3分 浅川産婦人科(ネット予約対応) 川崎、横浜からも好アクセス Dr.asakawa.jp ピル・アフターピル・中絶・プラセンタサイト

医療法人 晧慈会 浅川産婦人科

妊婦の初診がネット予約可能

ご予約・お問合せは

妊婦の初診がネット予約可能

当院は予約制のため、事前予約されてない方はお待たせすることがございます。
横浜市の子宮がん検診は婦人科の枠でネット予約でお願い致します。
諸事情により、2020年11月末をもって分娩の取り扱いを一旦終了し、2020年12月から済生会横浜市東部病院とのセミオープンシステムを開始します。 詳しくはこちら >

ネット予約
浅川恭行

Drやすゆきの相談室

浅川産婦人科の院長 Drやすゆきが、お産のお悩みについてお答えしていきます

アフターピル(緊急避妊薬)の副作用について

アフターピル(緊急避妊薬)ノルレボの服用においては、吐き気や頭痛などの副作用がほとんどないのに対して、Yuzpe法(ヤッペ法)では吐き気や頭痛が一時的に出現することがあります。

現状では、副作用がほとんどないといわれるアフターピル(緊急避妊薬)ですが、少数ではありますが、副作用が見られる方がいらっしゃいます。

副作用の種類と症状

気分不快

吐き気が出現する可能性があります。吐き気防止薬を処方することがあります。

嘔吐

アフターピル(緊急避妊薬)服用後2時間以内に嘔吐すると、薬が身体に作用しませんから、同量のピルを再度服用することとなります。しかし、再度アフターピル(緊急避妊薬)を服用しても嘔吐を繰り返すことも考えられますので、できる限り、安静にする、飲食を控えるなどを心がけてください。

不正性器出血

アフターピル(緊急避妊薬)内服後、少量の性器出血が認められるケースが散見します。

その他

乳房緊満・頭痛・めまい・疲労感などを感じる場合があります。また、アフターピル(緊急避妊薬)は血液が凝固しやすくなる性質があるため、水分の摂取量が少なかったり、喫煙をしていたりする人は血栓ができてしまう可能性もあります。その血栓が心臓の血管に詰まってしまえば心筋梗塞を起こしますし、足などの血管に詰まって血栓症を起こす可能性もありますから、不調を感じたらすぐに受診してください。

多くの副作用は、その症状は重篤なものではなく、また長引くものでもないとされています。

また、すべてのアフターピル(緊急避妊薬)は、今回の排卵を遅らせる、または排卵を成立させないことで妊娠を回避する目的の薬剤です。そのため、次の生理(月経)が一時的に早まったり、遅れたりすることがあります。 しかし、副作用が長く続くことはありませんし、将来の不妊の原因に繋がることはありません。

また、アフターピル(緊急避妊薬)を服用後、万が一妊娠に至ったとしても胎児への影響する可能性はありません。

妊婦初診はネット予約 ページトップ