今日は「おしるし」についてのお話です。 | 鶴見駅徒歩3分 浅川産婦人科(ネット予約対応) 川崎、横浜からも好アクセス Dr.asakawa.jp ピル・アフターピル・中絶・プラセンタサイト

医療法人 晧慈会 浅川産婦人科

妊婦の初診がネット予約可能

ご予約・お問合せは

妊婦の初診がネット予約可能

当院は予約制のため、事前予約されてない方はお待たせすることがございます。
横浜市の子宮がん検診は婦人科の枠でネット予約でお願い致します。
諸事情により、2020年11月末をもって分娩の取り扱いを一旦終了し、2020年12月から済生会横浜市東部病院とのセミオープンシステムを開始します。 詳しくはこちら >

ネット予約
浅川恭行

Drやすゆきの相談室

浅川産婦人科の院長 Drやすゆきが、お産のお悩みについてお答えしていきます

今日は「おしるし」についてのお話です。

今日は「おしるし」についてのお話です。

お産が近づくと、子宮の出口が少しずつ開いてきます。

すると、赤ちゃんを包んでいる卵膜の一部が子宮の壁から剥がれ、少量の出血がみられることがあります。この出血が混ざったおりものが「おしるし」といわれるものです。

その性状はさまざまですが、一般的には拭いて付くくらいの少量です。流れるような出血や月経の多い日のような出血は異常の可能性がありますので、すぐにかかりつけの施設に連絡し受診してください。

おしるしがあってから実際に陣痛が来るまでの期間は一定しませんし、おしるしを経験しないうちに陣痛や破水がくることもあります。

おしるしがあっても、持続する腹痛や規則的な陣痛がなく、いつも通り胎動を感じていれば、少し様子をみてくださいね。

監修

医療法人皓慈会 浅川産婦人科
理事長・院長 浅川恭行

経歴

1993年 東邦大学 医学部卒業
1999年 社団法人日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
2007年 東邦大学医療センター大橋病院 産婦人科講師(病院)
2007年 日本産婦人科医会 幹事
2009年 医療法人皓慈会 浅川産婦人科 理事
2017年 医療法人皓慈会 浅川産婦人科 理事長・院長

妊婦初診はネット予約 ページトップ