よくあるご相談 プラセンタ注射の期間や頻度について | 鶴見駅徒歩3分 浅川産婦人科(ネット予約対応) 川崎、横浜からも好アクセス Dr.asakawa.jp ピル・アフターピル・中絶・プラセンタサイト

医療法人 晧慈会 浅川産婦人科

妊婦の初診がネット予約可能

ご予約・お問合せは

妊婦の初診がネット予約可能

当院は予約制のため、事前予約されてない方はお待たせすることがございます。
横浜市の子宮がん検診は婦人科の枠でネット予約でお願い致します。
諸事情により、2020年11月末をもって分娩の取り扱いを一旦終了し、2020年12月から済生会横浜市東部病院とのセミオープンシステムを開始します。 詳しくはこちら >

ネット予約
浅川恭行

Drやすゆきの相談室

浅川産婦人科の院長 Drやすゆきが、お産のお悩みについてお答えしていきます

よくあるご相談 プラセンタ注射の期間や頻度について

更年期や花粉症、アトピー性皮膚炎、慢性肝炎などの保険診療の場合、通常1回1アンプルの注射剤を週に2回、皮下注射します。症状が重い場合は、週に3回に増やしますが、症状の改善までは通常3〜6カ月かかるといわれています。

自由診療の場合、目的や症状によって注射の回数や注射剤のアンプル量を調節します。治療以外の目的でプラセンタ注射をする時は、「注射1 回 注射剤1 アンプルを毎日または隔日に注射する」ことが最も効率の良い方法といわれています。とはいえ、毎日医療機関に通院することは、多くの方は難しいのではないでしょうか。そう考えると、「週 2 回」を基準とするのが妥当だと考えられます。そしてまずは継続することが大切です。注射をしても効果が出ないと、素人判断で中止することは避けましょう。

ときどき、「いつまで注射を続ければいいですか?」という質問を受けることがありますが、体調や効果に合わせて、感覚や頻度を調節しながら続けることをお勧めしています。何らかの理由で中断することもあるでしょうが、長期間空けてしまうと、改善された症状が元に戻ってしまう可能性があります。

また、プラセンタの効果を感じるまでには、個人差があります。更年期や花粉症の治療で利用するときの間隔や量は、ドクターの指示に従いましょう。

医療法人皓慈会 浅川産婦人科
理事長・院長 浅川恭行

経歴

1993年 東邦大学 医学部卒業
1999年 社団法人日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
2007年 東邦大学医療センター大橋病院 産婦人科講師(病院)
2007年 日本産婦人科医会 幹事
2009年 医療法人皓慈会 浅川産婦人科 理事
2017年 医療法人皓慈会 浅川産婦人科 理事長・院長

妊婦初診はネット予約 ページトップ