妊娠中に赤ちゃんの性別が分かるのはいつごろ? | 鶴見駅徒歩3分 浅川産婦人科(ネット予約対応) 川崎、横浜からも好アクセス Dr.asakawa.jp ピル・アフターピル・中絶・プラセンタサイト

医療法人 晧慈会 浅川産婦人科

妊婦の初診がネット予約可能

ご予約・お問合せは

妊婦の初診がネット予約可能

当院は予約制のため、事前予約されてない方はお待たせすることがございます。
横浜市の子宮がん検診は婦人科の枠でネット予約でお願い致します。
諸事情により、2020年11月末をもって分娩の取り扱いを一旦終了し、2020年12月から済生会横浜市東部病院とのセミオープンシステムを開始します。 詳しくはこちら >

ネット予約
浅川恭行

Drやすゆきの相談室

浅川産婦人科の院長 Drやすゆきが、お産のお悩みについてお答えしていきます

妊娠中に赤ちゃんの性別が分かるのはいつごろ?

赤ちゃんの性別はいつ決まる?

おなかの中にいる赤ちゃんの性別、どちらなのかドキドキ・ワクワク、心待ちにしている方も多いと思います。おなかの中にいる赤ちゃんの性別っていつ決まるのでしょう?そして、それは教えてもらえるのでしょうか? 今回は、赤ちゃんの性別についてお話しします。

赤ちゃんの性別は、受精の時に決まります。人間の細胞の中には、遺伝子の情報をもつ染色体46本があります。このうち、性別の決定に関係する2本の染色体のことを性染色体と呼びます。性染色体にはXとYの2種類があり、男性はXとYを各1本、女性はXを2本もっています。

卵子とXをもつ精子が受精すると染色体はXXなので女の子、卵子とYをもつ精子が受精すると染色体はXYなので男の子というように、両親からの染色体を引き継ぐ受精の時に性別が決定します。
受精後、細胞分裂を繰り返し、妊娠5~6週ごろまで男女共通のかたちをしていた生殖器官が、卵巣あるいは精巣にかたちを変えていきます。妊娠7~12週頃には、泌尿器(排尿する部分)と直腸や肛門(排便する部分)のかたちが作られます。妊娠16週を過ぎたころから、外性器の見た目で性別を判断できるようになります。

 

詳細は以下の監修したHP参考にして下さい

https://baby-calendar.jp/knowledge/pregnancy/1259

経歴

1993年 東邦大学 医学部卒業
1999年 社団法人日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
2007年 東邦大学医療センター大橋病院 産婦人科講師(病院)
2007年 日本産婦人科医会 幹事
2009年 医療法人皓慈会 浅川産婦人科 理事
2017年 医療法人皓慈会 浅川産婦人科 理事長・院長

妊婦初診はネット予約 ページトップ