子宮頸がん(9価)ワクチンのワクチン接種について | 鶴見駅徒歩3分 浅川産婦人科(ネット予約対応) 川崎、横浜からも好アクセス Dr.asakawa.jp ピル・アフターピル・中絶・プラセンタサイト

医療法人 晧慈会 浅川産婦人科

妊婦の初診がネット予約可能

ご予約・お問合せは

妊婦の初診がネット予約可能

当院は予約制のため、事前予約されてない方はお待たせすることがございます。
横浜市の子宮がん検診は婦人科の枠でネット予約でお願い致します。
諸事情により、2020年11月末をもって分娩の取り扱いを一旦終了し、2020年12月から済生会横浜市東部病院とのセミオープンシステムを開始します。 詳しくはこちら >

ネット予約
浅川恭行

Drやすゆきの相談室

浅川産婦人科の院長 Drやすゆきが、お産のお悩みについてお答えしていきます

子宮頸がん(9価)ワクチンのワクチン接種について

子宮頸がん(9価)ワクチンについてのQ&A

1、 9価ワクチンとは、どのようなワクチンですか?

 HPV(ヒト・パピローマウイルス)の中で、6/11/16/18/31/33/45/52/58型をカバーし、子宮頸がんの原因となるHPV型の約90%をカバーするワクチンです。
なお、子宮頸がんだけではなく、外陰がん、膣がんの予防効果も期待できます。
(厚労省の指示により、全例登録を行うワクチンです。接種前に「ワクチンQダイアリー」への登録が必要となります)

2、 9価ワクチンは、今までのワクチンとの違いは何ですか?

 4価ワクチンはHPV 6/11/16/18 をカバーしており、子宮頸がんの原因となるHPVの60-70%をカバーしていましたが、9価ワクチンは4価(HPV6/11/16/18)に加え、HPV 31/33/45/52/58型が加わることで、子宮頸がんの原因となるHPVの約90%をカバーし、より高い予防効果が期待されます。

 3、どちらのHPVワクチンを接種したらよいですか?

 現在4価ワクチンは、定期接種のため、対象者は公費(無料)で接種を受けることができます。
しかし、9価ワクチンはまだ定期接種化されておらず、自費(3回で110,000円(税込))となります。9価ワクチンの定期接種化を待ち、ワクチン接種の機会を逃すことのないようご判断下さい。
なお、いずれのワクチンを接種した場合も、子宮頸がんの定期検診はお受け下さい。

4、接種スケジュールは?

 「初回接種」「(初回接種から)2か月後」「(初回接種から)6か月後」の合計3回、1回0.5mlを筋肉内に注射します。

 5、どこに接種するのですか?

 腕の肩に近い外側の部分(三角筋)が主に選ばれます。

6、何歳まで接種できるのでしょうか。また、性交渉後はHPVワクチン接種は意味がないのでしょうか。

 オーストラリアでは45歳までがワクチンの対象となっており、45歳をめどにお考え下さい。
また、感染したHPVが消失したあとのHPV再感染を防ぐ効果も期待でき、性交渉後の方も接種をお勧めします。

上記参考にお願い致します

医療法人皓慈会 浅川産婦人科
理事長・院長 浅川恭行

経歴

1993年 東邦大学 医学部卒業
1999年 社団法人日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
2007年 東邦大学医療センター大橋病院 産婦人科講師(病院)
2007年 日本産婦人科医会 幹事
2009年 医療法人皓慈会 浅川産婦人科 理事
2017年 医療法人皓慈会 浅川産婦人科 理事長・院長

妊婦初診はネット予約 ページトップ