生理不順の原因ついて | 鶴見駅徒歩3分 浅川産婦人科(ネット予約対応) 川崎、横浜からも好アクセス Dr.asakawa.jp ピル・アフターピル・中絶・プラセンタサイト

医療法人 晧慈会 浅川産婦人科

妊婦の初診がネット予約可能

ご予約・お問合せは

妊婦の初診がネット予約可能

当院は予約制のため、事前予約されてない方はお待たせすることがございます。
横浜市の子宮がん検診は婦人科の枠でネット予約でお願い致します。
諸事情により、2020年11月末をもって分娩の取り扱いを一旦終了し、2020年12月から済生会横浜市東部病院とのセミオープンシステムを開始します。 詳しくはこちら >

ネット予約
浅川恭行

Drやすゆきの相談室

浅川産婦人科の院長 Drやすゆきが、お産のお悩みについてお答えしていきます

生理不順の原因ついて

「生理がこないのはなんでだろう……?」
このように、生理に関して心配になったことは、女性なら誰もが一度はあるでしょう。生理予定日に生理がこない場合、まず妊娠の可能性が考えられますが、妊娠以外にも生理がこない理由はいくつかあります

生理がこない理由の一つに、身体の不調を表すSOS信号が挙げられます。「体調は悪くないから、生理がこなくても問題ないだろう」と考えず、生理がこない原因を知ることが大切です。生理予定日より1〜2週間経っても生理がこない場合は、婦人科クリニックを受診してください

 

生理がこない7つの理由

生理がこないのは、主に下記のような理由や原因が考えられます。

妊娠

生理がこない理由に、まず妊娠が挙げられます。妊娠の可能性がある性行為があった場合には、妊娠検査薬を使用して確認しましょう。コンドームで避妊していても、100%の避妊効果ではないため、念のために検査をしてください。現在市販されている妊娠検査薬は、着床してから数日後(次の生理予定日)までには陽性が出ます。陽性が出た場合には、早急にクリニックを受診しましょう。

生理不順

生理不順は、生理が規則正しくこないことを指します。正常な生理周期は、25〜38日ほどですが、一週間ほどの前後は正常な範囲内といえるでしょう。しかし、生理が数ヵ月こない、生理がくるのが早すぎるなどの場合は、一度検査を受けるほうが良いとされています。生理不順に悩んでいる女性は多く、初潮(初めての生理)から生理不順の場合や、一時的に生理不順になる場合、更年期で40代後半から生理不順になる場合もあります。ピルを服用したり、ホルモン療法を受けたりすることで、生理不順は改善が見込まれるため、お気軽にご相談ください。

無月経

妊娠していないにも関わらず、3ヵ月以上生理がこないことを「継発性無月経」と言います。また、18歳を過ぎて、一度も生理がこないことを「原発性無月経」と言います。継発性無月経は、ストレス・過剰な運動・過度なダイエットが原因のことがあり、それほど珍しくありません。しかし、無月経が長期間続くことで、回復に時間がかかることがあるため、3ヵ月以上生理がこない方は、早急に当クリニックを受診してください。

早期閉経

40歳未満の閉経を早期閉経(早発閉経)といいます。原因の一つとして、早期卵巣不全がありますが、妊娠できないこと以外に、更年期障害のような症状が現れる場合と、特に症状が出ない場合があります。妊娠を望まれる女性で、早期閉経が疑われる場合は、早急に医療機関を受診しましょう。

過度なダイエット

過度なダイエットは、生理がこない原因の一つとして挙げられます。栄養が十分に摂取できず、卵巣へ届けられるはずの栄養が後回しにされるために生理が止まってしまうのです。息苦しさや疲労感を伴うことが多く、栄養不足の状態が続くと、脳が妊娠しないよう判断します。体重の減り方が激しかったり、ダイエットが長期間に及んだりした場合には、卵子が成長せず、女性ホルモンの分泌が止まることもあります。過度なダイエットで生理が止まった場合は、すぐに医療機関を受診してください。

過度なストレス

生理に関係している2つの女性ホルモン「プロゲステロン」と「エストロゲン」は、ストレスを強く感じることでバランスが崩れ、生理が止まってしまう原因になります。精神状態が不安定になる、イライラするなどの症状が出ることも多いです。睡眠不足の解消や、バランスの良い食生活を心がけ、ストレスを溜めないようにすることが重要です。また、中学生や高校生の生理不順は、ちょっとした体調不良や、ストレスなどでも生じることがあります。

甲状腺の病気

バセドウ病や橋本病など、甲状腺ホルモン疾患が原因で生理が止まることがあります。特に橋本病などの甲状腺機能低下症は、乳汁分泌ホルモンの分泌を促すため、生理不順の原因にもなります。甲状腺の疾患は20〜40歳くらいの女性に多く見られ、流産や不妊症の原因になる可能性もあります。体温が高い・脈が速くなる・暑い・痩せる・情緒不安定・下痢気味・落ち着きがなくなるなどの症状が見られる場合は、内分泌代謝科や内分泌内科を受診しましょう。

心斎橋駅前婦人科クリニックHPより

https://shinsaibashi-fujinka.jp/treatment/menstrual/menoxenia/

医療法人皓慈会 浅川産婦人科
理事長・院長 浅川恭行

経歴

1993年 東邦大学 医学部卒業
1999年 社団法人日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
2007年 東邦大学医療センター大橋病院 産婦人科講師(病院)
2007年 日本産婦人科医会 幹事
2009年 医療法人皓慈会 浅川産婦人科 理事
2017年 医療法人皓慈会 浅川産婦人科 理事長・院長

妊婦初診はネット予約 ページトップ