尖圭コンジローマについて教えてください | 鶴見駅徒歩3分 浅川産婦人科(ネット予約対応) 川崎、横浜からも好アクセス Dr.asakawa.jp ピル・アフターピル・中絶・プラセンタサイト

医療法人 晧慈会 浅川産婦人科

妊婦の初診がネット予約可能

ご予約・お問合せは

妊婦の初診がネット予約可能

当院は予約制のため、事前予約されてない方はお待たせすることがございます。
横浜市の子宮がん検診は婦人科の枠でネット予約でお願い致します。
諸事情により、2020年11月末をもって分娩の取り扱いを一旦終了し、2020年12月から済生会横浜市東部病院とのセミオープンシステムを開始します。 詳しくはこちら >

ネット予約
浅川恭行

Drやすゆきの相談室

浅川産婦人科の院長 Drやすゆきが、お産のお悩みについてお答えしていきます

尖圭コンジローマについて教えてください

尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルス(ヒト乳頭腫ウイルス、HPV)の感染により、性器周辺に生じる腫瘍(できもの)です。性交またはその類似行為によって感染する病気で、大部分は性活動の活発な年代にみられますが、まれにご両親などの手指を介して幼児に感染して発症することや、分娩の時にお母さんから赤ちゃんに感染し、乳児の喉に腫瘍ができる可能性もあると言われています。
ヒトパピローマウイルスに感染すると、感染後、数週間から2~3か月を経て、女性の腟、子宮頸部、外陰部、男性の陰茎、陰嚢、男女の尿道周囲、肛門周囲等の性器周辺部に、淡紅色又は褐色調のイボ状の腫瘍が多発します。尖圭コンジローマの典型的な腫瘍は、表面が刺々しく角化(硬くなる)した隆起性の独特の形をしており、乳頭状、鶏冠状、カリフラワー状、花キャベツ状等と表現されます。
腫瘍の形成のほかは、自覚症状が出ることが少ないと言われていますが、違和感、帯下(おりもの)の増量、かゆみ、痛みが初発症状となることもあります。腫瘍は自然治癒することも多いのですが、感染しているウイルスのタイプによっては、ごくまれに悪性化することがあるので注意が必要です。
治療は、薬(軟膏の塗布)を用いる方法と、外科的治療があります。外科的治療には、切除、電気メスによる焼灼(しょうしゃく)法や液体窒素による凍結法、レーザー蒸散などがあります。ご本人が尖圭コンジローマの治療をする場合には、同時にパートナーも治療が必要な場合があります。また、妊婦さんの場合は赤ちゃんへの感染を防ぐために、分娩までに治療を終了しましょう。

日本産婦人科医会HPより(当院院長は日本産婦人科医会幹事です)

医療法人皓慈会 浅川産婦人科
理事長・院長 浅川恭行

経歴

1993年 東邦大学 医学部卒業
1999年 社団法人日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
2007年 東邦大学医療センター大橋病院 産婦人科講師(病院)
2007年 日本産婦人科医会 幹事
2009年 医療法人皓慈会 浅川産婦人科 理事
2017年 医療法人皓慈会 浅川産婦人科 理事長・院長

妊婦初診はネット予約 ページトップ