臨床治験とは | 鶴見駅徒歩3分 浅川産婦人科(ネット予約対応) 川崎、横浜からも好アクセス Dr.asakawa.jp ピル・アフターピル・中絶・プラセンタサイト

医療法人 晧慈会 浅川産婦人科

妊婦の初診がネット予約可能

ご予約・お問合せは

妊婦の初診がネット予約可能

当院は予約制のため、事前予約されてない方はお待たせすることがございます。
横浜市の子宮がん検診は婦人科の枠でネット予約でお願い致します。
諸事情により、2020年11月末をもって分娩の取り扱いを一旦終了し、2020年12月から済生会横浜市東部病院とのセミオープンシステムを開始します。 詳しくはこちら >

ネット予約
浅川恭行

Drやすゆきの相談室

浅川産婦人科の院長 Drやすゆきが、お産のお悩みについてお答えしていきます

臨床治験とは

臨床治験とは

毎日多くの患者様が来院されており、その主訴(お悩み)は多岐にわたります。いろいろな病気があり、その対処方法としていろいろなお薬が開発されて来ました。しかし、すべてのお薬が副作用が少なく、効果が十分であるとは言えません。

より効果的であり、より副作用の少ないお薬の開発は私たちの分野では非常に大切な事です。 今も多くのお薬が改良に改良を重ね、よりよい薬が開発されています。 そのお薬が世に出て、皆様の手に届くまでには多くの検査(臨床試験)が必要となってきます。

現在当院で行なっている治験は

生理痛が強い方で、卵巣チョコレートのう腫のある方が対象です。

今回の治験の薬剤
今迄のホルモン剤ではありません。
月経痛の原因と考えられるプロスタグランディンという成分の働きをコントロールする薬剤です。
プロスタグランディンの成分をコントロールする薬剤は、これまで既に市販の薬剤の中でもあります。
治験薬は全く未知の薬剤という訳ではありません。

卵巣チョコレートのう腫とは?
子宮内膜症の1つの症状です。
生理痛、過多月経、性交痛などが主な症状です。 この他、生理以外の時の腹痛、腰痛、頭痛などの症状、生理期間の延長の症状があったりします。
症状の程度で、子宮内膜症、チョコレートのう腫の疑いは推測されますが、婦人科の検診が必要とされます。
卵巣チョコレートのう腫は、少しずつ成長する事が多い病気です。
将来悪性になる可能性があります。
年齢や大きさ、チョコレートのう腫の形、大きくなるスピード等をしっかり観察する事が大切になります。

本邦での卵巣チョコレートのう腫の治療の一例について
1)ピルを用いる時があります。
症状に応じて、沢山あるピルのうち、どれが良いか選択されます。
2)黄体ホルモン(プロゲスチンといいます)を用いる時があります。
これにはディナゲストと言う薬剤とデュファストンがあります。
3)ピルの成分を含んだ避妊リングを入れる時があります。
ミレーナと言って、子宮内に装着されたリングから、ピルの成分が少しずつ放出される仕組みです。
4)更年期と似た状態にする薬剤があります。(女性ホルモンの働きを抑える薬)
a)注射薬
b)内服薬
c)点鼻薬

再度、今回の治験の薬剤は今迄のホルモン剤ではありません。
動物実験上では、月経痛の原因と考えられるプロスタグランディンという成分の働きをコントロールする薬剤です。
プロスタグランディンの成分をコントロールする薬剤は、これまで既に市販の薬剤の中でもあります。
治験薬は全く未知の薬剤という訳ではありません。

https://asakawa.or.jp/app/themes/asakawa/documents/ns580.pdf

医療法人皓慈会 浅川産婦人科
理事長・院長 浅川恭行

経歴

1993年 東邦大学 医学部卒業
1999年 社団法人日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
2007年 東邦大学医療センター大橋病院 産婦人科講師(病院)
2007年 日本産婦人科医会 幹事
2009年 医療法人皓慈会 浅川産婦人科 理事
2017年 医療法人皓慈会 浅川産婦人科 理事長・院長

 

妊婦初診はネット予約 ページトップ