Dr やすゆきの相談室 | 鶴見駅徒歩3分 浅川産婦人科(ネット予約対応) 川崎、横浜からも好アクセス Dr.asakawa.jp ピル・アフターピル・中絶・プラセンタサイト

医療法人 晧慈会 浅川産婦人科

妊婦の初診がネット予約可能

ご予約・お問合せは

妊婦の初診がネット予約可能

当院は予約制のため、事前予約されてない方はお待たせすることがございます。
横浜市の子宮がん検診は婦人科の枠でネット予約でお願い致します。
諸事情により、2020年11月末をもって分娩の取り扱いを一旦終了し、2020年12月から済生会横浜市東部病院とのセミオープンシステムを開始します。 詳しくはこちら >

ネット予約
浅川恭行

Drやすゆきの相談室

浅川産婦人科の院長 Drやすゆきが、お産のお悩みについてお答えしていきます

アフターピル(緊急避妊薬)の処方が受けられない人・処方を希望する際に注意が必要な人

アフターピル(緊急避妊薬)を処方を希望する際の注意点を説明します。 アフターピル(緊急避妊薬)の処方を希望しても、なかには、処方が受けられない、処方に注意が必要なケースがあります。アフターピル(緊急避妊薬)の処方を希望する場合は、必ず医師の診断を受けましょう。 アフターピル(緊急避妊薬)の処方が受けられない人 下記に該当する方は、必ず受診時に医師に申し出てください。 重い肝障害がある人 ※肝障害が原因で代謝機能が低下していると、肝臓への負担がかかり肝障害の症状が憎悪する可能性があります。 妊婦 過去に、アフターピル(緊急避妊薬)を服用した際…

アフターピル(緊急避妊薬)の副作用について

アフターピル(緊急避妊薬)ノルレボの服用においては、吐き気や頭痛などの副作用がほとんどないのに対して、Yuzpe法(ヤッペ法)では吐き気や頭痛が一時的に出現することがあります。 現状では、副作用がほとんどないといわれるアフターピル(緊急避妊薬)ですが、少数ではありますが、副作用が見られる方がいらっしゃいます。 副作用の種類と症状 気分不快 吐き気が出現する可能性があります。吐き気防止薬を処方することがあります。 嘔吐 アフターピル(緊急避妊薬)服用後2時間以内に嘔吐すると、薬が身体に作用しませんから、同量のピルを再度服用することとなります。しかし、再度アフタ…

ヒトパピローマウイルス(HPV)について説明します

ヒトパピローマウイルス(HPV)について説明します INDEX ヒトパピローマウイルス(HPV)とは HPVはどのようにして感染するか HPV検査について HPVワクチンのメリット 日本における子宮頸がんとHPVワクチンに関する今後 HPVワクチン接種の実際 ヒトパピローマウイルス(HPV)とは ヒトパピローマウイルス(HPV)はヒトにのみ感染するウイルスで、100種類以上あることが知られていますが、女性の生殖器関連のHPVは約40種類が存在すると言われています。 さらにこれら女性生殖器関連のHPV…

私は妊娠中・授乳中・妊娠を計画中ですが、ワクチンを接種することができますか?

私は妊娠中・授乳中・妊娠を計画中ですが、ワクチンを接種することができます。 妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方も、ワクチンを接種することができます。mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンが妊娠、胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありません。   妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方でも、mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンを接種することができます(※1)。妊娠後期に新型コロナウイルスに感染した場合に重症化リスクが高くなるという点においては、ワクチン接種のメリットが考えられます。 日本産婦人科感染症学会と日本産科婦人科学会は、特に人口当た…

新型コロナワクチン 私は接種できますか?

厚生労働省から 私は接種できますか? https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/receive/

新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについて

新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンは、これまで医療従事者や高齢者を中心に接種が行 われてきましたが、今後は基礎疾患を持つ者、それ以外の者へと順次拡大されます。 皆さまが最も関心のある「妊婦さんへの接種」については、すでに多くの接種経験のある海外の妊婦に対 するワクチン接種に関する情報では、妊娠初期を含め妊婦さんとおなかの赤ちゃん双方を守るとされてい ます。また、お母さんや赤ちゃんに何らかの重篤な合併症が発生したとする報告もありません。したがって 日本においても、希望する妊婦さんはワクチンを接種することができます。 妊婦健診は普段通り受けていただき…

子宮内膜症をチェック!生理痛など気になる症状は?

子宮内膜症についてお悩みの方から質問をいただきました。私が取材を受け監修した記事が、参考になるかと思います。こそだてハックのHPに掲載されています。詳しくはこちらをご覧下さい。   子宮内膜症の自覚症状には個人差があります。「生理痛がひどくなった」あるいは「生理ではないときにも下腹部が痛い」という場合は、「子宮内膜症」の可能性があるので要注意です。今回は、子宮内膜症の症状をチェックするためのリストや、診断方法についてまとめました。 子宮内膜症はどんな症状が現れる?   子宮内膜症は、生殖可能な年齢の女性のうち約10人に1人が発症する…

健診で高脂血症を指摘されたら

高血圧と並んで非常に多い病気です 高脂血症のことを最近は脂質異常と言いますが、高血圧と並び非常に多い病気の一つとして健診で指摘されます。 そして指導欄に要観察、要精査、要治療などと記入されて医療機関受診するように書かれます。高血圧や糖尿病に比べて若い方でも指摘されることが多いのが高脂血症の特徴です。 逆に言えば指摘されても本人が食事や運動療法を頑張れば薬を飲まなくてもよい場合も多いのです。その点をしっかり理解していただければ健診結果に要治療と記入されていてもすぐに薬を飲まなければいけないということにはならないのです。 高脂血症は長年放置し続けることにより…

低用量ピル(低用量経口避妊薬)を飲むのに年齢制限はありますか?

特に病気がない女性であれば、医師が必要と診断すれば10代でも服用してかまいません。 低用量ピル(低用量経口避妊薬)を服用することで思春期に多い月経困難症をコントロールしたり、子宮内膜症を予防したりする効果があります。 40歳以降でも、閉経前の人は妊娠の可能性があります。喫煙経験がない健康な女性が避妊を希望する場合は、医師の診断の下に低用量ピル(低用量経口避妊薬)の服用は可能です。 また更年期障害や骨粗しょう症、高脂血症などの予防改善も期待できます。

サルビアねっととは?

サルビアねっととは? 「サルビアねっと」は、鶴見区を中心とした医療機関・介護施設等で、情報共有をするネットワークです。病院・クリニック・薬局・介護施設をつなげていきます。 住民の皆様が病院や介護施設、調剤薬局などを利用した際の医療・介護情報が連携する施設間で相互に共有されます。 複数の病院を受診している際に、持病や処方されている薬の情報を各病院の医師がすぐに確認でき、薬や検査の重複などを防ぐことができます。また救急搬送された場合にも、同じ情報が共有されます。 サルビアのラテン語【salvus(健康、よい状態)】を語源とし、鶴見区民の花でもあるサルビアは区民の皆様…

妊婦初診はネット予約 ページトップ